住宅の断熱改修などを行い、温度変化の少ない住宅を考えるのも重要な対策です。 ただ、今すぐからでも出来る対策を考えましょう。家庭で出来る温度管理を一部ご紹介します。
脱衣室・浴室を暖め、廊下と続いて部屋になっている所などは厚手のカーテンをつけるような、 断熱性が高まる工夫をしてください。
シャワーでお風呂にお湯はりをするのも有効です。 高い位置に設置したシャワーから浴槽へお湯をはることで、 水蒸気によって浴室全体を温める事ができます。
風呂の温度は41℃以下にします。 旅先などでの露天風呂は、高齢者や高血圧の人は注意が必要です。
※NHK ONLINE生活情報ブログ参照
入浴のタイミングは日没前です。 日中は日没後と比べて、外気温が比較的に高いためです。 万が一の時に対応してもらえるよう、家族がいる間に入浴するようにし、家族がいなければ公衆浴場や日帰り温泉などを利用して、一人での入浴は控えてください。 食事の直後や飲酒後の入浴も避けてください。
ヒートショック現象を防ぐためには...