弊社の大工職人はすべて工藤工務店の社員です。通常、大工工事は別の会社(下請け)に任せるのが近年当たり前のなか、弊社では社員教育のもと、技術を磨き、先端技術の勉強を日々行ってます。
元請けから渡された図面に沿って作業するのではなく、施主の想いを共感しながら仕事を行います。
施主の気持ちを考え、技術伝統にこだわり、丁寧な施工、綺麗な仕上がりなどを各々が考え、実行することにより、最終的に快適な住まいが提供できると思います。
一般的に大工仕事は、依頼を受けた住宅会社とは異なる別の会社に任されます。現場によっては複数の会社の大工が集まり工事を行っているため、大工の技術が安定しているとは言いがたい現実もあります。しかし、社員大工であるため、技術の安定や品質の安定が見込めるのもメリットだと思います。
家づくりはそこに住む家族が主人公です。昔は大工「棟梁」が中心になり、施主は「この大工さんは腕が良いから間違いない」「昔からの知り合いだから頼む」などの風習等がありました。しかし、そんな時代は無くなりつつあります。
大工「棟梁」は主人公ではありません。
私たちは家族の幸せになる物語を造り上げるのが仕事です。良い考えは取り入れ、悪い考えは排除し、快適な住まいづくりを提供する必要が有ります。だからこそ、少し高い商品でも提案し、オススメします。性能が良い=価格は高いという流れは否めないですからね…。全てを踏まえた資金計画を一緒に考えます。
自社施工である団結力で一組のお客様の考えが末端の社員まで行き渡るように日々大工・業者と話をし、考えをまとめることができるのは私たちの強みだと思います。
お客様の想いと考えを共感し、一丸となり造り上げる。これが私たちの考える「安心できる家づくり」です。
工藤工務店では数十年前から宮大工技術を継承してきました。
全国的に有名な『天岩戸神社』をはじめ、多くの神社仏閣の施工・監理に携わり、九州各地の建築物の施工を行ってきています。
近年、大工職人不足が注目されている建築業界ですが、私たちは今後も大工職人の普及貢献や技術継承をしていきたいと思っております。
今ではプレカット加工による工期短縮、気密な精度技術が一般的ですが、手刻みでの繊細さや暖かみも無くてはならない技術の一つだと考えます。適材適所に近代技術と伝統の技術を融合させたモノづくりが私たちは大好きです。
初心者でも構いません。随時、面接等行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。