マイホームを購入するまでには多くの打ち合わせや行事を行います。計画の進め方は各社異なる場合があります。
私たちは皆様が安心できるマイホーム計画の進め方をご提案したいと思っています。
出会い~契約まで
契約~完成まで
完成見学会やイベントに来場し、家づくりに対する理解を深めます。
無理のない資金計画でスタート出来るようにまずは資金相談会を行い、予算を組みます。
どの住宅ローンにするかを選定し、予算を確定させた上で、住宅ローンの事前審査を行います。
建替え、土地から購入いずれかによって計画の内容も異なります。敷地調査を行い、その土地の条件などを考慮してプランニングを行います。
お客様とイメージを共有したプラン作成を行います。 外部仕様、内部仕様など、建物に関わる仕様を確認します。 イメージパースや模型でイメージをつかみます。
建物本体価格、別途工事費など建築に関わるトータル費用を算出します。
決定されたプラン、仕様に基づいて建物請負契約を締結します。
住宅ローン本承認のための手続きです。承認すれば住宅ローンが確定します。
行政による設計図書の審査が行われます。承認を受ける必要があります。
契約後に行う住まいの打合せ。お客様のイメージを実現する為に必要な重要な打合せです。
敷地の条件次第でどんな家が建てられるかが変わります。 間違いのない家づくりをするためにも欠かせない作業です。
工事の安全祈願を目的として地鎮祭を行います。
いよいよ着工です。近隣周辺に工事挨拶を行い工事に入ります。
第三者機関による基礎配筋検査を行います。
棟梁を中心に上棟を行います。ここでついに家の形が出来ます。
第三者機関が構造部材に関して、図面通りに設置され、適正に取り付けられているかなど、チェックが行われます。
家づくりに関する職人をふまえ、ご家族と上棟式を行います。 顔合わせも兼ねて行い、ご家族やご友人へ新居のお披露目になります。
現場にてコンセントやスイッチ、照明の位置を確認します。 住んでから気付くコンセント等の不足が無いように、事前に打合せを行います。
家だけでなく、外周りのイメージも重要です。駐車場やお庭の打合せをします。
待ちに待ったマイホームの完成です。
お客様の家のお披露目会。完成見学会で多くの方に家を観ていただきます。
いよいよマイホームでの新生活が始まります。