特に注意してほしいのが、下記の対象者といわれています。高齢者や高血圧、糖尿病・脂質異常症の人はリスクが高まります。
高齢者は、血圧変化をきたしやすく体温を維持する生理機能も低下しています。
高血圧の人は、血圧の急激な上下運動で低血圧が起き、意識を失う事もあります。
糖尿病、脂質異常症の人は血管の動脈硬化が進行していることがあるため、 血圧のスムーズな維持ができないことがあります。
※NHK ONLINE生活情報ブログ参照
ちなみに、高血圧の方は...
※就寝時に血圧が下がらないと急激な室温の変化で急に冷えるような場合、 自律神経に影響を与えて血圧がさらに上がり、心筋梗塞や脳梗塞などの臓器障害に進展しやすい。