住宅の中でも重要な部分が『窓』です。
現在でも一般的にアルミサッシが多く使用されていますが、工藤工務店が提案するのは『樹脂サッシ』です。
アルミサッシに比べて熱伝導率が1/1000なので結露もしにくく、省エネ性能が高いので家にもお財布にも優しいです。
その上、住む人にとっても温度変化のしにくい住環境を造り上げる事ができ、住まいと人の健康との結びつきにも役立ちます。
これからマイホーム、リフォームをお考えであれば樹脂サッシは是非使用する事をオススメします。
国内最高水準の断熱性能を持つAPW330は熱の出入りを抑えます。 不快な結露も抑え、快適な空間が生まれます。
氷水を入れたコップを部屋の中に置いておくと、アルミのコップは冷え易いので表面に結露ができます。 樹脂や木のコップは結露ができにくく、熱を伝えにくい素材であることがわかります。
測定条件:氷水を入れたコップにて測定
※YKK AP公式カタログより
コールドドラフトとは、窓辺で冷やされた空気が、下降気流となり足下に流れたまってく現象です。 空気には、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ溜まる性質があります。
※YKK AP公式カタログより
アルミ窓が熱を伝え易いか、熱が外部に逃げているのかがよく解ります。
下記の図のように夏場と冬場では窓から多くのエネルギーが流入、流出しています。 窓を改善するだけで省エネ効果は高まります。
※出典:ゆとりと豊かさの快適住宅のために(通産省生活産業局)
窓の断熱性能を高めるだけでも冷暖房費の節約になります。 また、おだやかな季節には窓を開けて風を通せば、冷暖房を節約しながら快適性を高めることができます。
※YKK AP公式カタログより 住宅の間取りや地域等により実際とは異なる場合がございます。
一般的なアルミサッシは内外の色が統一されます。 外観、内観のデザインに合わせて色の組み合わせが出来るのもこの商品の魅力です。
他の窓と違い、窓で唯一10年保証があります。 窓ひとつひとつにシリアルナンバーが刻まれており、 製造記録や施工日、施工業者等が記録されアフターメンテナンスがしやすくなります。